柏木集保

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/02/19(火) 21:35:31.42 ID:hUZrWLyS0
    武豊騎手と陣営の思い描いた作戦通りの逃げ切りが決まった。インティ(父ケイムホーム)の可能性と、類い希な能力を確信はしても、今回は初の東京コース、初の1600m。厳しい流れは避けたい。
    ハナを主張するスタートではなかったが、周囲に無言のプレッシャーをかけてしまうあたりが、トップジョッキーの存在感なのだろう。他馬の出方をうかがいつつゆっくりハナを切ることに成功したインティの前半600mは「35秒8」。

    【【フェブラリーS】柏木集保「武豊騎手は周囲に無言のプレッシャーをかけてしまうあたりが…」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/10/15(月) 18:06:21.09 ID:B5YfkfMo0
    過去の3冠馬よりもずっと強く、鮮やかな勝ち方/秋華賞
    http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=41455

    そのディアドラのC.ルメール騎手が乗った秋華賞の3歳牝馬アーモンドアイ(父ロードカナロア)は、
    軽々しくいえるものではないが、こと3冠目(秋華賞、1995年以前はエリザベス女王杯)の
    勝ち方に限定するなら、「2012年ジェンティルドンナ、2010年アパパネ、2003年スティルインラブ、
    1986年メジロラモーヌ」の4頭よりずっと強く、かつ鮮やかだった。

    【柏木集保「アーモンドアイは過去の三冠牝馬ジェンティルドンナ、アパパネ、スティルインラブよりずっと強い 】の続きを読む

    このページのトップヘ