角居勝彦

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/27(月) 17:39:47.80 ID:7H4sSCw50
    世代の頂点を決める令和最初の日本ダービーが26日、東京競馬場で18頭によって争われ、
    浜中騎乗で12番人気のロジャーバローズが道中2番手追走から押し切ってV。2016年生まれのサラブレッド7071頭の頂点に立った。

     ノーザンファームの“ダービー5連覇”を阻んだのは、これが初のGI制覇となったオーナー、生産者のタッグだった。

     「興奮しました。“頑張ってくれ”って最後は祈る気持ちでした」とは猪熊広次オーナー(63)=バローズ代表取締役社長。
    「出られるだけで大変なんですから」とJRAの馬主16年目の快挙に「これから、じわっと喜びが湧いてくるんでしょうね」とはにかんだ。

     生産者の飛野牧場(北海道新ひだか町)の飛野正昭代表(75)も喜びひとしお。「机、壊れなかったかなぁ。
    (興奮して)叩きすぎて、手が痛い…」と笑みを浮かべ、「心臓が飛び出そう。本当にうれしい」と創業50年目の美酒に酔いしれた。
    英国・タタソールのセリで購入した母リトルブックのおなかにはハーツクライの子が、そして1歳、当歳の全妹の存在も注目の的だ。

     すでに凱旋門賞に登録済みで、オーナーは「行くしかない」と前向き。
    角居調教師も「行くのであれば準備したい」と、秋の大一番を見据えて動き出すことになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000505-sanspo-horse

    【【競馬】ロジャーバローズ猪熊オーナー「凱旋門に行くしかない」 角居調教師「行くのであれば準備したい」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/21(火) 22:50:34.71 ID:jQygehUK0
    【日本ダービー】角居調教師が激白した4戦無敗サートゥルナーリアの勝算

    ――再来年の2月で調教師引退が決まっています。ご実家の天理教の教会を継がれるとのことですが、信仰が競馬に役立つことはありますか

     角居調教師:そうですね。第三者的な目を持つには、あがめる神(宗教)というものがあったほうがいいと思う。
    もし、結果が失敗だったとしても俺のせいじゃないよ、と開き直ることもできるしね。

     ――ダービーでも勝利を祈願されますか

     角居調教師:勝ち負けの祈りをささげることはないけど、馬の無事は毎日祈ります。
    お祈りをすることで、いつもの競馬ができるように、馬の実力を出させてあげられるように…そういう心持ちになりますね。
    日々、常に神様の存在を意識していることが大切なんだと思います。

     ――これまで神様の力を感じた勝利は

     角居調教師:瞬間、場面で神の力を感じたことはないけど、見えない何かの支えや流れを感じること、
    勝てる気がすることはありますね。

     ――サートゥルナーリアのダービーは流れを感じますか

     角居調教師:まだ何も感じてないなぁ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000071-tospoweb-horse

    【【競馬】サートゥルナーリア角居調教師「日々、常に神様の存在を意識していることが大切」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/02/21(木) 16:23:38.17 ID:ibg27NBZ0
    角居「ノーザンファーム自体が。。(トライアルに出て)中山競馬場を2往復した馬の、日本ダービーの結果がちょっと思わしくない気がするって言う言い方でしたので、
    もちろん皐月賞も獲りたいですけど日本ダービーが大きな目標かなと思うので、まあ作り難しい馬じゃないですし、入厩してから仕上げるのも手間ではないので、
    皐月賞~日本ダービーで行ってもらう方がいいんじゃないかというノーザンファームの提案でした。
    問題があるんであれば角居さん意見言ってもらっていいという話でしたけど私もそれでいいと思いました。」

    ケイバどーも!より

    【【競馬】角居「サートゥルナーリア皐月賞直行はノーザンファームの提案」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/01/09(水) 10:50:56.78 ID:8g4veAsN0
    昨年7月6日に道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕され、罰金刑を受けた角居勝彦調教師(54)=栗東=が8日、調教業務を再開した。
    6日に半年間の調教停止処分が満了。
    中竹厩舎への馬房の臨時貸付が終了し、かつて所属していた17年菊花賞馬キセキや昨年のホープフルSを制したサートゥルナーリアなど76頭が再転厩した。

     7日は全休日だったため、8日朝から調教の指揮を執り、再スタートを切った。
    角居師は「すいませんでした。それ以上は何も言うことはないです」と言葉少な。
    昨年1月には、21年2月末で実家の天理教を継ぐために調教師を引退し、厩舎を解散することを表明しており、「(予定は)変わりないです。あと残りを頑張ります」と、決意を新たにしていた。
    https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149580

    【【人はやり直せる】角居師が厩舎再開…半年間の調教停止処分が満了!!】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/01/08(火) 15:57:18.23 ID:FSdUW0gY0
    角居調教師「このたびのことは本当に申し訳ございませんでした。それだけしか言えないです。
    (調教師引退は)2021年の2月いっぱいまでとなるのは変わりないですが、残された時間をとにかく頑張っていきたいと思います」
    https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/1241092/

    【【競馬】角居「申し訳ございませんでした。それだけしか言えないです。2021年2月まで頑張ります」】の続きを読む

    このページのトップヘ