アイルハヴアナザー

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/04/21(日) 09:02:00.30 ID:76OXRywI0
    4月14日、アイルハヴアナザーの産駒が初めて重賞を制覇した。
    アナザートゥルース(せん5歳)が阪神競馬場のアンタレスS(G3 ダ1800m)で優勝したのだ。

     アナザートゥルースは岡田牧雄氏の岡田スタッドで生産され、馬主はノルマンディーサラブレッドレーシング。
    米国二冠馬アイルハヴアナザーは2013年、岡田牧雄氏の弟である岡田繁幸氏のビッグレッドファームで種牡馬入りしていた。

     アンタレスSはアナザートゥルースにとって2回目の重賞挑戦となった。
    同馬はそれまで特別競走に7回出走し、茨城新聞杯(2018年9月22日 中山)とアレクサンドライトS(1月20日 中山)を制して2勝していた。

     アナザートゥルースの最初の重賞挑戦は3月14日の名古屋大賞典(Jpn3 ダ1900m)だったが、3着に敗れた。
    しかしその1ヵ月後、距離を1800mに戻して挑んだアンタレスSで2着に1/2馬身差をつけて優勝した。勝ち時計は1分50秒8。
    この阪神競馬場での勝利により、アナザートゥルースの通算成績は15戦6勝となり、獲得賞金額は1億2,959万円となった。

     アナザートゥルースは、フジキセキの牝馬キョウエイトゥルースを母とする。
    半兄には、G1を数回制している2016年日本最優秀ダートホースのサウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)、
    みやこS・2着馬ルールソヴァール(父フレンチデピュティ)がいる。

     10歳のアイルハヴアナザー(父フラワーアレー)は昨年米国に帰国し、今年からカリフォルニア州のバレナヴィスタファーム(Ballena Vista Farm)で供用されている。
    2019年の種付料は6,000ドル(約66万円)である。

    アイルハヴアナザー(I’ll Have Another)の馬主に再びなったJ・ポール・レッダム(J. Paul Reddam)氏は
    「二度と売らないし、彼を取り戻せたことはアメリカ競馬にとってもプラスになるだろう」と述べた

    【【岡田総帥…】アイルハヴアナザー米国に帰還後、産駒重賞初勝利で世界が驚愕!! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/15(木) 22:09:50.37 ID:vE+KhNZt0
     北海道新冠町のビッグレッドファームで繋養されている種牡馬アイルハヴアナザー(牡9)が、アメリカへ帰国することがわかった。来季は、カリフォルニア州のバレナビスタファームで、種牡馬として繋養される。種付料は6000ドル(約68万円)。

     アイルハヴアナザーは父Flower Alley、母Arch's Gal Edith、その父Archという血統。

     2012年のサンタアニタダービー、ケンタッキーダービー、プリークネスS勝ち馬。同年に故障で現役を引退し、ビッグレッドファームに種牡馬として1000万ドル(当時のレートで約8億円)で購買された。

     産駒は2016年からデビュー。代表産駒には、2017年の函館2歳S2着馬ウインジェルベーラ、2016年のアルテミスS3着馬シグルーンなどがいる。

     初年度の2013年の種付料は320万円で、種付頭数は152頭。昨年の種付料は250万円で、種付頭数は83頭だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000027-kiba-horse

    【アイルハヴアナザーが米国に帰国 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/01(木) 23:07:28.43 ID:jEyVz4dl0
    外国に輸出
    なぜ日本でダメだったのか

    【アイルハヴアナザーはなぜ種牡馬失敗したのか? 】の続きを読む

    このページのトップヘ