矢作芳人

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/11/16(土) 18:16:33.21 ID:tietR2bj0
    1着 コントレイル(矢作芳人調教師)
    「想像以上の走りで驚きました。厩舎も福永騎手も1800mがギリギリと話していたので、想像を超える走りでした。今日はペースも流れてくれましたし、折り合いもついて、2000mも大丈夫でしょう。
    R.ムーア騎手も賛辞の言葉を繰り返していました。当初は朝日杯を考えていましたが、これでホープフルSから王道を歩むことになると思います。
    でも2400mはどうでしょうか......。その点も今日のように想像を超えてくれることを期待したいです。今日は一般ファンの気持ちでレースを見て震えました」

    ワロタ

    【【競馬】矢作「コントレイルについて福永は1800がギリギリって言ってたが、2000も行ける」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/11/13(水) 08:40:05.14 ID:dz/Kexn70
    【矢作芳人調教師 信は力なり】日本も負担重量引き上げを
    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20191113/etc19111305010001-s.html

    凱旋門賞の負担重量は4歳以上牡馬59・5キロ、牝馬58キロである。対して日本での定量は、一般的にそれぞれ57キロ、55キロだ。
    オープン馬でも59キロを背負うケースは非常に少ない。経験のない重量を負担してあのロンシャンの馬場を走るハンディは、想像以上に厳しいと考える。

    そこで、日本でも定量をある程度引き上げてはどうだろうか? 普段から、59キロや60キロを当たり前に背負うようにするのだ。
    日本人の体格も年々向上しているので、騎手の減量の負担軽減にもつながる。この話をすると『体重の重い短期免許の外国人騎手の乗り数が増えて、もっと勝たれてしまう』という声を聞く。
    しかし、それは短期免許制度自体を否定しているようなものだ。海外超一流ジョッキーの来日はファンも楽しみにしているわけだし、日本人騎手の技術やレースレベルの向上にも、
    間違いなく役立っている。もっとポジティブに考えるべきだろう。この件について、日本の競馬社会全体での議論が交わされることを望んでいる。

    【【競馬】矢作師「日本も斤量を重くして59kgや60kgを当たり前に背負ったほうがいい」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/04(金) 19:38:06.57 ID:pXH1ds3l0
    海外通のJRA矢作芳人調教師が凱旋門賞を語る
    10/4(金) 18:58配信

    3連覇を狙う絶対的女王の話になると、口調は自然と熱を帯びていった。

     「ヨーロッパの牝馬にありがちな『えっ、これで走るの?』という馬体なんだよ。細いしね。ただ、
    それで日本よりスタミナのいる馬場であれだけ走っ
    ているんだから、自分たちの馬の作りはどうなんだ、って考えさせられる部分はあるよね」

    世界各地に視野を広げるトレーナーらしい発言も飛び出した。

     「凱旋門賞は日本のホースマンの長年の悲願。それだけの馬がいれば、行きたいという気持ちはよく
    分かる。ただ、レースは選ぶべきという気持ちもある。例えば、うちのリスグラシューは賞金面と相手
    関係のバランスを重ね合わせて、ブリーダーズCよりも豪州のコックスプレートへの遠征を選んだ。こ
    れだけ日本馬が海外に行くような時代になったんだから、そういうことを考えないとね」

    【【競馬】矢作「凱旋門賞制覇は日本の悲願だが、もっとレース選択を考えるべき」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/08/21(水) 06:11:15.49 ID:dsKHvSvp0
    そんな正直に言わんでも

    【【競馬】リスグラシュー矢作師「相手関係が楽で賞金高い(ボーナス込で3億6000万円)のでコックスプレート」 】の続きを読む

    1: 2018/11/18(日) 23:39:50.47

    ◆18着=レーヌミノル(四位)他が行ったのでじっとしました。4角でトモが取られた…。

    ルメール騎手は「4コーナーでぶつけられて、レースが終わった。残念です」とがっくり。矢作師も「不利がすべて。やってられない。必死に仕上げてもあの競馬なら…」と悔しがった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00396000-nksports-horse

    ルメールは「ぶつけられて、レースが終わったね。もうちょっとで落ちそうだった。残念」と悔しさを爆発。




    【矢作が四位に激怒!!「不利が全て。やってられない。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ