長山尚義

    1: 2019/01/07(月) 11:41:10.07

    「(復帰は)早くても2月以降。回復具合などもあってまだ何ともいえませんが、できれば早くと思っています。ダイヤモンドSも選択肢のひとつにはあります」

     ダイヤモンドSは、平地ではステイヤーズS(芝3600メートル)に次いで長い距離で行われる名物重賞。
    スタミナ自慢にとっては願ってもない舞台だ。
    また、ハンデ戦で争われるため、平地で1600万下に在籍するオジュウは恵まれた斤量が予想される。初
    の平地重賞Vを狙うには最適のレースといえそうだ。

     昨年は中山グランドジャンプでJ・GI5連勝を飾った後、
    平地に挑戦して2連勝。ファン投票3位の後押しを受けて挑んだ有馬記念でも0秒8差9着と健闘した。
    それでも「有馬は残念でした。今年は結果が伴うように」と指揮官が言えば、長山尚義オーナー(73)も「私はギャンブラー。前しか見ていませんよ」と豪快に笑う。今年も型破りな挑戦から目が離せない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000519-sanspo-horse
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

    【【競馬】オジュウ長山オーナー「私はギャンブラー。前しか見ていませんよ!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/23(日) 16:56:11.53 ID:yOw9ZtoE0
    【有馬記念】9着オジュウに長山オーナー「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000075-dal-horse

    平地G1初制覇を目指した障害界の絶対王者オジュウチョウサンは9着に終わった。
    離して逃げるキセキを2~3番手から追ったものの、直線で馬群にのまれ、見せ場をつくることはできなかった。

    オーナーの長山尚義氏(登録名はチョウサン)は「敗軍の将は兵を語らず。やぼなことは聞かないでくれ」と語りつつ、
    レースについては「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかったな」とつぶやき、競馬場をあとにした。


    武衰えたなwwwwwwwwwwwwwww

    【【有馬記念】9着オジュウに長山オーナー「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかった」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/20(木) 20:53:07.51 ID:cPzU7Fx20
    頑張ってほしい

    【【有馬記念】オジュウのオーナー大口叩いてたしイメージ悪かったが抽選で良い笑顔だった馬主はこの人だけだったな 】の続きを読む

    1: 2018/12/17(月) 10:20:59.30

    この春の中山GJで障害G1、5連勝を達成したオジュウチョウサン。まさか年末の有馬記念の出走メンバーに名を連ねることを誰が想像しただろう。
    再挑戦した平地戦で連勝を決め、夢のプラン実現にこぎ着けた。しかも、堂々のファン投票3位での選出。
    長山オーナーの口調にも自然と熱が帯びる。

     「ありがたいことだよね。(ファン投票)10万票なんて、いつもの年ならトップでしょう。昨年は10万票を超えたのは1位のキタサンブラックだけだから。本当に感謝しています」

     -登録メンバーを見て。

     「ライバルはいないな。僕はいつも自分の馬の単勝馬券しか買わないから。今回はオッズも10倍くらいつくんじゃないか」

     -平地の2連勝をどう見ているか。

     「勝つのは分かっていた。でも、さすがは武君だね。ただ勝つだけじゃないレースをしてくれたよ」

     -と、いうと?

     「東京の前走は脚を測ったんだよ。直線で2着馬が1馬身差くらいに近づくまで待っていた。
    結果は半馬身差だったけど、上がりの脚だけを測った乗り方だった。果たして、どれだけの末脚を使えるかとね」

     -有馬記念を見据えていた。

     「中山コースはオジュウには合っているしね。いいところは簡単には止まらないこと。そんじょそこらのスタミナじゃないから。3~4コーナーから追い通しでも、バタッと止まることはない。
    そう、キタサンブラックと同じように最後に二枚腰を使えるんだ。4コーナー先頭で直線に入ってきたら、(後続に)つかまることはない。今回3着以内なら、この挑戦は間違いじゃなかったと言える」

     -そうなると、また次の夢がふくらむ。

     「3着以内に入れば、もう来年はドバイ、宝塚記念、凱旋門賞しか使わないつもりだよ」

     
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

    【長山オーナーの想い「競馬は夢とロマン」、武豊「漫画の様なストーリー。ファンの声で乗る事を決めた」】の続きを読む

    1: 2018/12/01(土) 08:59:13.70

     障害界の絶対王者とJRA4000勝ジョッキーが暮れのグランプリの主役を務める。有馬記念(23日、中山)参戦を表明しているオジュウチョウサン(牡7=和田正)の鞍上が武豊(49)に正式決定した。30日、和田正師が発表した。

     障害重賞9連勝の後、平地に転じて武豊を背に2連勝し、大人気を博した同馬。
    「日本一のジョッキーに乗ってほしい」と武豊にラブコールを送り続けてきた長山尚義オーナーの願いが通じた。
    武豊にはマカヒキ、クリンチャーといった騎乗馬候補もおり、返事待ちだったが、オーナーは改めて「万々歳です」と大喜び。
    「もちろん勝ちに行く」と力を込めた。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/12/01/kiji/20181130s00004048682000c.html
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

    【オジュウ 武豊と有馬へ!長山オーナー大喜び「万々歳です。勝ちに行く」】の続きを読む

    このページのトップヘ