池江泰寿

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/29(水) 19:17:34.51 ID:SaLqSvJm0
    G1馬ペルシアンナイト(牡5、池江)が“過去最高”の状態に仕上げられた。

    Cウッド6ハロン83秒6-12秒0でスヴァルナ(古馬2勝クラス)に首差で先着。
    M・デムーロ騎手は「トモが緩かったのがだいぶ筋肉が増えて体も大きくなった」と評価。

    池江師は「生涯最高の出来。去年は進路が確保できず6着。スムーズなら」とリベンジを誓っていた。

    【【競馬】池江「ペルシアンナイトは生涯最高のデキ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/01/02(水) 14:33:13.91 ID:8ZM1XHIC0
    「いつか必ず持ち帰る」池江泰寿調教師が凱旋門賞勝利の覚悟を講談師・旭堂南鷹に語る

    「19年は楽しみな馬がたくさんいます。特に2歳は楽しみですが、3歳もここにきて素質開花している馬もいるんで。
    19年はもっといいと思いますよ。2歳のクラージュゲリエ、サトノルークス、ペルクナス、ボッケリーニあたりは、ダービーに出さないといけない馬だと思っています」

     まだ未出走の馬が名を連ねているところが池江調教師らしい。ついつい夢を語りたくなる。指揮官にとっての夢といえば、凱旋門賞だ。
    18年は出走馬がなく、テレビで見た。一体、どんな思いだったのだろうか。

    「日本馬に勝ってほしい、という応援では見ていませんね。僕が1番に勝ちたいとは思いますが、2番でも3番目でも勝ちたいですから。
    ただ、どんな馬が凱旋門賞を勝つのか、勝てるのか。それを知るために見ています」

     凱旋門賞に最も近づいた男として何かしら複雑な思いを抱いているのかと思ったが、池江調教師は淡々とそう答えた。

    「凱旋門賞はM・スタウト調教師のところに勉強へ行った時、ピルサドスキーで2着。
    あのころは雲の上のまだ上の世界、宇宙のはるかかなたくらいに思っていました。そこからオルフェーヴルで負けたことで、より思いは強くなりました。
    昔は夢だったレースが今は目標になった。凱旋門賞は万国のホースマン共通の憧れです。スポーツで例えるなら、凱旋門賞はオリンピックですからね」

     世界に目を向けた時、大和魂がギラギラと輝きを放つ。オリンピックに例えたことが、池江調教師の日の丸を背負う覚悟の証しでもある。

    「オルフェーヴル級の馬でなくても勝てると思いますよ。先に挙げた2歳馬たちは、それを求めていいクラスの馬です。
    ただ、斤量が有利だからといって3歳で挑戦させようとは思いません。
    やっぱり馬には個体差があります。完成度が高ければ3歳の秋でも問題ない。
    といっても、普通は3歳のフィジカルやメンタルで向こうに連れて行くのは難しいですね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000005-tospoweb-horse

    【池江「凱旋門はオルフェーヴル級の馬でなくても勝てると思いますよ。」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/25(日) 12:00:29.27 ID:sZ+3amma0
    オルフェ宝塚仕上げ7割圧勝しかりサトノダイヤモンド坂苦手とか発言が支離滅裂だって

    【競馬予想TV小林「池江(ハゲてる方)は競馬ファンを馬鹿にするのも大概にしろ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/25(日) 18:02:47.02 ID:NaQT6ddU0
     初コンビのモレイラは「時計が凄くて…。勝った馬(アーモンドアイ)が強かった。最後の100メートルで疲れたみたい」と無念の表情。
    池江師は「いい感じで伸びたけど、残り150メートルでフラットになってしまった。ピークの頃と比べると、8割ぐらいしか戻っていない。
    そんな中でも現状の100%の力を出してくれた」と回顧。
    2度目の制覇が懸かる有馬記念に向かうについては「馬の様子を見て、オーナーと相談して決めたい」と話すにとどまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000146-spnannex-horse

    【池江泰寿「サトノダイヤモンドはピークの頃と比べると8割ぐらいしか戻っていない」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/21(水) 12:19:08.09 ID:Ixr5rUY+0
    「ジャパンC・G1」(25日、東京)

     前走の京都大賞典で、約1年半ぶりの勝利を手にしたサトノダイヤモンド。20日朝は栗東坂路を4F63秒1とゆったりと駆け上がり、翌日の最終リハに備えた。
     池江師は「歩様も少しずつ良くなっていますし、順調に調整できています」と納得の表情でうなずく。「ピークからすれば8割は戻ってきている。坂があまり得意ではないので、上り切ってから最後のスパートが利けば」と期待を込めた。
    https://www.daily.co.jp/horse/2018/11/21/0011837937.shtml

    【【ジャパンC】サトノダイヤモンド着実に気配良化 池江師「8割は戻ってきている」】の続きを読む

    このページのトップヘ