吉田勝己

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/04/24(水) 20:07:08.40 ID:3ylXFiEp0
    POGの王道より

    【【競馬】吉田勝己「個人的にはマイルの馬が一番力があると思っている」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/03/31(日) 18:49:47.67 ID:Yn7hYgIp0
    no title

    【【検証】吉田勝己氏はなぜアーモンドアイ勝利直後に激怒していたのか 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/24(月) 12:23:17.49 ID:ni/ecHGm0
    2015年11月23日、東京競馬場でのトークショーにて
    no title


    【吉田勝己代表】今はサンデー系の繁殖牝馬に日本競馬に適した非サンデー系種牡馬を探している。
    最近スタッドインしたハービンジャーは私が、ワークフォースとノヴェリストは照哉さんが目を付け導入しました。
    導入した時期も1ドル80円位の円高だった時でタイミングが良かった。今だと厳しかったはず。

    【吉田勝己「ハービンジャーは私が、ワークフォースとノヴェリストは照哉さんが導入しました」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/23(日) 16:38:52.82 ID:74Tm8qY60
    効果ありすぎw

    【勝巳「ルメールに武豊の記録を破れと激励した。ここで超えられないようじゃ来年は乗せられないと」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/12(水) 12:54:43.32 ID:1caqry2N0
    8日にフランス・ドーヴィルでアルカナセールが行われた。このセールで、
    今年の仏2歳女王を決めるマルセルブーサック賞(10月7日、GI、パリロンシャン、芝1600メートル)を勝ったリリーズキャンドル(牝2)を、
    ノーザンファームの吉田勝己氏が代理人を通じて110万ユーロ(約1億4137万円)で購入した。
    リリーズキャンドルは父スタイルヴァンドーム、母ゴールデンリリー(母の父ドルフィンストリート)というフランス産馬で、
    いとこにリスグラシューがいる良血馬。4戦2勝で挑んだマルセルブーサック賞は単勝28倍と人気薄だったが、
    P・ブドー騎手を背に、しんがり一気の末脚で下馬評を覆す鮮やかな勝利を収めていた。
    リスグラシューの母リリサイドもこのセールで取引された経緯があり、
    「勝己氏はこの牝系が好きで、現役を続けるか、すぐに繁殖に上げるかは未定ですが、期待は大きいです」という代理人のコメントが報じられている。

    【ノーザンファーム吉田勝己氏、現役の仏2歳女王を購入 】の続きを読む

    このページのトップヘ