米本昌史

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/03/26(火) 11:19:17.49 ID:hcsZqdx00
    【ドバイターフ】アーモンドアイ、ターフ挑戦ベストの選択 米本代表と一問一答
    https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=152695

     -始動戦にドバイを選択した理由は。

     「ジャパンカップの結果次第で、年が明けたら世界へ挑戦すると決めていたので、必然的にですね」

     -2410メートルのシーマクラシックではなく、1800メートルのターフを選んだ理由は。

     「アーモンドアイが最もパフォーマンスを出せて、勝ちに行ける距離は千八だと、そこに尽きますね。
    その先のことよりも、行くからにはベストの選択をしただけです」

     -ドバイ遠征後のプランは。

     「正直なところ全くの白紙なのですが、とにかく今回のチャレンジの結果を見たい。今は無限に可能性があると思っています」

     -日本馬の悲願、凱旋門賞については。

     「非常に魅力的でチャレンジしがいのあるレース。ただ、行くからには勝ちに行かなくてはいけません。
    今回の海外遠征で手応えや順応性などをしっかり見極めながら、国枝先生と相談して決めたいと思います」

    【【競馬】シルク代表「アーモンドアイのベスト距離が1800mだからドバイターフを選んだ。先のことは考えてない」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/24(月) 10:37:29.62 ID:Q7dI2mHi0
     馬主のシルクレーシングの米本昌史代表(43)の喜びようは半端でなかった。
    「もう絶叫、絶叫で、最後は自分でもどうなったかと…」と顔を紅潮させて振り返った。

     来年に関しては所属のアーモンドアイの海外遠征がほぼ決まっているのに対して、
    「脚元に問題(両前脚が外向)があった馬。背、腰の疲れを取るのに時間がかかるので…」と国内専念をほのめかした。
    http://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20181224/ope18122405070008-s.html

    【【競馬】ブラストワンピースは海外に行かず国内専念か「疲れを取るのに時間がかかるので」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/11/25(日) 19:26:36.54 ID:2tt5ZjqO0
    アーモンドアイ、来年は世界へ シルク米本代表「来春はまずドバイがターゲットに


    アーモンドアイを所有する(有)シルクレーシングの米本昌史代表「時計が速すぎたことが逆に心配ですが、素晴らしい競馬でした。
    国枝先生(調教師)とも話しましたが、これで世界の頂を目指すことになるでしょう。
    すべての面で初めてのことを運んできてくれる、夢を実現してくれる馬。初勝利は東京でしたが、1年後にこんなことになっているとは思ってもみなかったです。
    一歩一歩積み重ねて課題をクリアしてきた結果でしょう。
    ジャパンカップを勝てば、世界に行くしかありません。
    世界に強い牝馬がたくさんいます。来春はまずドバイがターゲットになってくるでしょう。
    その先には凱旋門賞を含めて、いろんなレースが見えてくると思います」
    https://www.hochi.co.jp/horserace/20181125-OHT1T50136.html?from=rss

    【アーモンドアイ、来年は世界へ シルク米本代表「来春はまずドバイがターゲットに」 】の続きを読む

    このページのトップヘ