コパノキッキング

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/01/06(月) 07:29:04.88 ID:t9y40s+j0
    昨年10月の東京盃(大井)、12月のカペラSを勝ち、藤田菜七子(22)に史上初のJRA女性騎手交流重賞制覇、同JRA重賞制覇をプレゼントしたコパノキッキング(セン5=村山)が、
    新年の初戦はオイシン・マーフィー(24=英国)とのコンビで根岸S(2月2日、東京)に向かうことが5日、分かった。村山師が明らかにした。
     
    昨年もマーフィーとのコンビで根岸Sを勝っており、同じコンビで連覇を目指す。師は「根岸Sの後はフェブラリーS(2月23日、東京)も考えているが、そこの鞍上は未定」と説明。
    マーフィーの短期免許期間は2月3日までとなっており、フェブラリーSに向かう場合は乗り替わりとなる。
    昨年のフェブラリーSでは菜七子が史上初めてJRA女性騎手としてG1に挑み、5着に食い込んだ。Dr.コパこと小林祥晃オーナーはカペラS優勝後「来年はレースも騎手も調教師に全て任せる」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/01/06/kiji/20200105s00004048474000c.html

    【【競馬】コパノキッキング 鞍上マーフィーで2・2根岸Sへ 2・23フェブラリーSは鞍上未定】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/31(木) 09:54:11.87

     ――東京盃を振り返って。

     「やっとだ!って気持ち、本当にホッとした。“菜七子に重賞を勝たせる”というのが僕のわがままであり、一競馬ファンとしての夢だったから。
    あの日の夜は私の(東京・銀座の)クラブで祝勝会をしたんだけど、菜七子もそれはそれはうれしそうだった。カラオケは歌っていなかったけどね(笑い)」

     ――鮮やかな逃げ切り勝ち。

     「元々が逃げて勝ったこともある馬だし、負けてしまったけどクラスターC(8月12日、盛岡)で最後の直線で前に立つ競馬をした。あれで馬が思い出したと思う」

     ――今回の作戦は?

     「ミスターメロディ、ノブワイルド、ファンタジストと速い馬がそろった。菜七子に任せるが、(小回りの)浦和競馬場なら枠に関係なく逃げた方がいいとは思う」

     ――中でも人気ロックバンド「TUBE」の前田亘輝=写真=が馬主のノブワイルドは強敵。

     「東京盃を勝った後に、前田君からお祝いの電話をもらって、その時に“(JBCスプリントに)来ないでよ~”と言っていたね(笑い)。彼とは大の仲良しで、私のクラブに遊びに来てくれて歌ってくれたりもするんですよ。
    浦和1400メートルはノブワイルドの庭(重賞2勝を含む6勝)だけど、並んだ時にひるんではダメ。
    菜七子も分かっていると思う。どっちかが逃げて、どっちかが番手。最初のコーナーでの順位がそのまま結果になる可能性もあるね」

     ――コパノキッキングにとっては浦和は初参戦。

     「正直、合わないと思う。これが大井なら負けるつもりはないんだけど、ここはどうしても走り慣れた馬が有利だから。最初は走らせるつもりはなかった。
    ただ、東京盃を追い込みではなく逃げ切って勝ったことで参戦を決めた。ああいう競馬ができれば浦和でも戦える」

     ――JBCスプリント後は昨年勝ったカペラS(12月8日、中山G3)が目標か。

     「そこで初めて菜七子とJRA重賞のお立ち台に立てれば最高だよね。来年はドバイ遠征も夢の一つだけど、村山明厩舎のスタッフたちとも話し合って決めることになる。ジョッキーを誰にするかはローテーション次第」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000048-spnannex-horse
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:: EXT was configured

    【【競馬】キッキング菜七子!逃げ宣言!コパ「カペラSで菜七子とは最後」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/02(水) 21:00:32.23 ID:tsNROCaa0
    Dr.コパこと小林氏は「本当に良かった。今日はキッキングも菜七子も風水的に運が抜群だった。
    だから、いつもは(乗り方の)指示はするけど、今日は好きに乗りなって言いました。100点満点だよ」と称え、「次はJBCスプリント(G1)に行っちゃおうかなと思っている」と期待した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000185-spnannex-horse

    【【競馬】Dr.コパ氏「100点満点だよ」「次はJBCスプリントに行っちゃおうかなと思っている」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/08/12(月) 18:06:28.89 ID:FPTx4FI80
    藤田菜七子騎手(コパノキッキング=3着)「道中の手応えはよかったのですが、伸びてこられなかった。理由はわからない」

    https://hochi.news/articles/20190812-OHT1T50126.html

    【【競馬】1番人気コパノキッキングは3着 初重賞Vならずの菜七子「理由はわからない」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/06/28(金) 06:24:10.11 ID:rk0F5uDO0
    ダートの短距離戦で活躍するコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山厩舎)が、米国競馬の祭典、ブリーダーズCスプリント・G1(11月2日、サンタアニタパーク競馬場・ダート1200メートル)の
    早期登録締め切りとなる7月15日までに正式に手続きすることが分かった。オーナーサイドが27日に明らかにした。

    同馬では2月のフェブラリーS(5着)で、藤田菜七子がJRA女性騎手として初めてG1に挑戦した。その後は4月の東京スプリント・交流G3(2着)を経て、北海道スプリントC・交流G3(6月6日、門別)を使う予定だったが、フレグモーネで回避。
    現在は放牧先で、クラスターC・交流G3(8月12日、盛岡・ダート1200メートル)に向けて調整を進めている。

    以前から、同馬を所有する小林祥晃オーナーが「菜七子とアメリカに行きたい」と夢を描いていたプランが、いよいよ現実となりそうだ。「詳細については村山調教師に一任しています」と同オーナーはコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000211-sph-horse

    【【競馬】藤田菜七子騎手、コパノキッキングと米G1挑戦!ブリーダーズCスプリント正式登録へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ