モーリス

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/08/22(木) 14:50:56.45 ID:K08i3ANt0
    ツイッター
    シンハライトの18、デカすぎませんか?
    シンハライトの2018くん、管囲23.4㎝・・・!?初仔にしては随分立派だなあ・・・!
    シンハライトはビビるくらいデカいな! これで初仔かよ!
    シンハライトは動画見てちょっとデカいかなーとは思ってたけど測尺見てぶったまげた?? 管囲23.4とか見た事無い

    【【競馬】モーリス×シンハライト デカすぎてキャロ会員がざわつく 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/07/08(月) 12:51:52.40 ID:g4uXlbPZ0
    1億超え0頭

    ノーザン出身ですらまともに値がつかない模様…………
    どうすんだコレ………

    【【悲報】モーリス産駒、大暴落 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/06/08(土) 07:56:33.68 ID:9sRwB7jJ0
    モエナビスタ
    no title

    no title

    no title


    モンティルドンナ
    no title

    no title

    no title

    no title


    モジネッタ
    no title

    no title


    モジックタイム
    no title


    アドマイヤセプター18
    no title

    no title

    【【競馬】社台ツアーでついにモエナビスタ、モンティルドンナらがお披露目 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/02/15(金) 00:44:15.33 ID:2JkauVTx0
    マ:日本の馬に乗って凱旋門賞を勝つことです。本当にリップサービスではなく、それが夢です。
    凱旋門賞に行ったら、フランス人を除いてはアイルランド人と日本人しか観衆がいません。
    凱旋門賞であの日本人の歓声を聞いた時に、すごく良いなと思いました。その歓声に応えられる立場になりたいと。

    マ:やっぱりずっと成長したいし、常に大きいレースをたくさん勝っていられるジョッキーでいたいと思っています。
    よくそういう質問をされるのですが、いつも伝えるのは「勝ち続けないといけないし、
    常にたくさんの馬に乗り続けて向上していきたい」という気持ちが強いので、やっぱり良い馬に乗せてもらいたいですね。
    日本には素晴らしい馬が沢山いるので、そういう馬に乗れる騎手でありたいですね。もちろん素晴らしい馬に出会うには、
    巡り合わせも重要だと思いますけどね。例えば、モーリスのような素晴らしい馬がイギリスでレースに出走していたら、
    勝っていただろうなと思うし、自分もそのような馬に巡り会えたらいいなと思います。

    【【競馬】マーフィー「モーリスのような素晴らしい馬に巡り会えたらいいなと思います」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/01/30(水) 13:33:50.56 ID:NglNJ8WE0
    https://uma-furusato.com/news/detail/_id_96631

    昨年7月にオーストラリアのアローフィールドスタッドへ出発したモーリスが、
    1月29日午前、安平町にある社台スタリオンステーションに帰厩した。

    南半球でのシャトル種牡馬生活も2回目とあって慣れたもの。
    馬運車を降りると早足で馬房へ一直線、疲れも見せず元気な姿を披露した。

    モーリスは父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、母の父カーネギーという血統の8歳牡馬。

     日本で誕生した初年度産駒は現1歳。モーザリオやモエナビスタ、モンティルドンナといった錚々たるG1牝馬たちとの間に生まれた産駒がスタンバイしている。
    オーストラリアで生まれた産駒も日本同様に高評価を得ており、世界へ広がる“The Beast”の血を受け継ぐ子どもたちのデビューが待ち遠しい。

     真夏のオーストラリアから真冬の日本へ帰国したモーリス。社台スタリオンステーションでは「シーズンイン間際での帰厩となりましたが、体調も良く、元気一杯で安心しました。
    今年も多くの花嫁を迎えることになりそうですし、気温差などでコンディションを崩さないよう注意していきたいですね」と話した。今年の種付料は昨年同様、受胎条件400万円となっている。

    【【競馬】モーリスがオーストラリアから帰国 】の続きを読む

    このページのトップヘ