1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/01/18(金) 20:32:21.55 ID:Ffv3cC1o0
(略)

友道キュウ舎の大江助手も「“ワグネリアンでないのなら、ルヴァンスレーヴかな”と僕も思っていました。3歳馬がダートでできることのほとんどすべてをやっちゃいましたからね」とポツリ。
その言葉を聞いたときに、1999年度のJRA表彰を思い出した。そう、あのときも今回のような陣営との「考えの相違」があったからだ。

その年、GI3勝を挙げたスペシャルウィークが「年度代表馬」を逃した。それはまだいい。しかし、受賞した相手はスペシャルウィークに2戦2勝のグラスワンダーではなく、国内で一度も走らなかったエルコンドルパサー。
当時、スペシャルウィークを管理していた白井調教師は「エルコンドルパサーの残した実績は素晴らしい。しかし、あの馬を負かしたモンジューが日本に来て、それをスペシャルウィークが負かした。
なのに、どうしてスペシャルウィークを下に見る?“日本の競馬は欧州の競馬よりも下ですよ”と言ってるようなもんじゃないか」

そんな昔話をする機会が今週のトレセンであった。あれから20年――。それでも、白井元調教師は当時のことをよく覚えていた。
「あの凱旋門賞を見てさ。よしっ、この強い馬を日本で負かしてやろう。そう思ってモンジューをやっつけてさ。でも、年度代表馬は取れなくて…。
グラスワンダーやったら納得できただろうけど、JRA賞は人の決めるものやし、難しいところもあるんだろうな、と現在でも思うよ」

(略)

「3歳と古馬のカテゴリーに分けられている以上、3歳の代表は同世代の中でのレース結果から選ばれるほうがいいと個人的には思っている。
特にダービーは名手と呼ばれる騎手でも簡単に取れないレース。(武)豊も岡部も柴田政人もそう。福永祐一も泣いてたろ? 価値が違う。
でも、それはあくまで自分の考え。絶対ではないんだよね。古馬との勝利を重要視する人もいるだろうし、ダートが主流のアメリカならルヴァンスレーヴで間違いなかったと思うしさ。
だから、ポイント制にでもしたらいいと個人的には思う。それなら誰にでもわかる。レースの格で差をつけてさ。よほどスッキリすると思うよ」

https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149934

【【競馬】これでいいのか?JRA賞 票が割れた最優秀3歳牡馬部門 白井元調教師「ポイント制にしては…」 】の続きを読む