石橋脩

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/15(水) 22:17:47.68 ID:tHS4DBFr0
    no title

    【【競馬】菜七子「石橋脩のトークはつまらん」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/12(日) 17:26:38.89 ID:AQG9Es790
    1番人気に支持されたラッキーライラックは4着。好位追走から上位争いに加わったが、最後は上位馬の切れ味に屈した。
    騎乗した石橋は「馬の雰囲気はよく、いつも通りのスタートを切れた。ペースは速いと思ったが、コーナーは折り合っていたし、
    あれ以上位置を下げるわけにもいかない。最後まで走り切れている」と振り返った。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2019/05/12/kiji/20190512s00004048276000c.html

    石橋騎手(ラッキーライラック=4着)「雰囲気よくゲートも入って、いつも通りスタートを切ってくれた。3コーナーに入る前から、
    (ペースが)速いなっていうのはあった。自信もあったし、うまく折り合って、直線まで運べたし、満を持して外に出した。勝ちに行く競馬をした」
    https://hochi.news/articles/20190512-OHT1T50139.html

    【ラッキーライラック石橋「勝ちに行く競馬をした。ペースは速いと思ったがあれ以上は下げられない」 】の続きを読む

    1: 2019/05/11(土) 22:58:51.46

    https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/1388526/

    阪神牝馬S・8着は鞍上の石橋がもう少し上手に乗れていれば、結果は違っていた――。
    そう感じるレースであったわけだが、案の定というか

    「それは石橋が一番わかっていることですからね。“自分が100%悪い。すみません”とすぐに言ってきましたよ」とまるで責める様子がないのが松永幹師らしい。今回のコンビ継続も素直に喜んでいる。

    「あの競馬の後だからこそ“今回も石橋で本当に良かったな”と僕は思っているし、担当の丸内(助手)も同じように考えているみたい。失敗した人間を替えるのは簡単だし、それが好結果を生むこともあるけど、その逆もあるわけだから。
    気持ちが入り過ぎる必要はないが、改めてチャンスをもらえたことで、彼なりに期するところもあると思う」と語った後、「それにね、ラッキーライラックと石橋は誕生日(4月3日)が同じなんですよ」と付け加えた。

     自他ともに認めるベストコンビを簡単に解消させることはできません――。そんな意味合いに受け取ったのだが、実際はどうなのだろうか?

     とにかく、あの一戦だけをピックアップして、責任をなすりつけるようなことはしなかったトレーナーの姿勢を見れば、
    応援したくなるのも当然。初重賞(アルテミスS)勝ちを決めた東京マイル戦で、ラッキーライラックのリベンジVを期待している。
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

    【【競馬】松永幹夫「今回も石橋で本当に良かった。失敗した人間を変えるのは簡単。でも僕はそうは思わない。」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/05/07(火) 00:06:08.82 ID:3F5+mhJg0
    馬券圏内は人気薄が大半
    14番人気2着 NHKマイル(ケイデンスコール)
     8番人気1着 マーチS(サトノティターン)
     7番人気3着 スプリングS(ディキシーナイト)
     6番人気2着 弥生賞(シュヴァルツリーゼ)
     6番人気2着 中山記念(ラッキーライラック)
     7番人気1着 AJCC(シャケトラ)

    一方の人気馬では
     1番人気7着 フィリーズR(アウィルアウェイ)
     1番人気8着 阪神牝馬S(ラッキーライラック)
     1番人気2着 福島牝馬S(フローレスマジック)

    人気を背負うとダメなのか?

    【【競馬】2019年石橋脩の重賞成績www 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/04/28(日) 16:02:53.58 ID:O5WHqCaR0
    なお本人は東京メインで今日もノーザンの1倍台の馬飛ばしてた模様


    こいつの何がいいのか

    【【競馬】フィエールマン(主戦騎手:石橋脩) ドゥラメンテ(主戦騎手:石橋脩) ←こういう時期があった現実 】の続きを読む

    このページのトップヘ